つけまつげは まぶたの加齢 垂れ下り 老け目 を加速させてしまうので 気をつけて使いましょう

こんにちは森です。

眼瞼下垂やまぶたの衰え 老け目。。老化は皮膚の薄い目元にじわじわとやってきます。
どうしたら良いのでしょうか。と、よくお客様に質問されます
1番良いのは顔の筋肉運動。
保湿。そしてまぶたに重いつけまつげを長い時間つけ続けない事です。

年齢を重ねた方でなくとも、つけまつげやマツエクを利用される機会が多い若い方の中にも、瞼が垂れて見えることにより、老けたような目に見えてしまうことがある。という方もいらっしゃいます。

つけまつげや、まつげエクステを利用されていらっしゃる方の中には、過度なアイメイクはできるだけ控えるように気を付けていますという方もいらっしゃいます。

つけまつげや、マツエクを利用されていらっしゃる方で、まぶたが垂れてしまったり、老けた感じの目にならないように、たるみを防ぐ意味でマスカラを過度に付けないようにされる方もいらっしゃいます。

マツエクよりも、特につけまつげを利用される機会が多い方では、眼瞼下垂になる方が多いといわれているそうです。

その理由は、つけまつげを目の上に装着していくことで、瞼にかかる重さがお肌への負担となることがあげられるようです。

その他にも、つけまつげを取り外す際に気を付ける必要があるのでは?と感じていらっしゃる方もいます。

その理由として、つけまつげを取り外す時にコットンに水分を含ませた物で優しく押さえ剥していくことで皮膚を労わる事も大切ですが、外す際にどうしても皮膚を引っ張り気味になってしまうことで、たるみの原因となってしまう可能性もあるそうです。

そうならない為の工夫とは、どのようなものがあるのでしょうか?

瞼のたるみを増加させない為にも、目をよく動かして筋肉の老化を防ぐことを意識的にされていらっしゃる方もいます。

あれ?何か鏡を見たら最近まぶたが垂れてきたような気がする・・・と眼瞼下垂(がんけんかすい)が気になるという方もいらっしゃるようです。

眼瞼下垂症とは
視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとするため、あるいは顎を挙上するため、頭痛や肩こり、猫背から腰痛、まぶたを開ける筋肉に過度な負担がかかるため眼精疲労を併発することがある。
眼筋疾患による眼瞼下垂は、筋肉疲労により症状が出現し、休息により回復するのが特徴。片側性の場合非対称なので容易に気づきうるが、両側性の場合は対称性の変化なので、診察時に気づかれない場合がある。軽度の眼瞼下垂の場合、あまり自覚症状がないが、重症化すると、距離感がつかめず、また突然見えない状態になるので、怪我や階段での転倒、自動車事故などが非常に多い疾患である。特に、両眼性眼瞼下垂が長時間出現すると、視力はあるのに、目が開かない状態で、機能的盲目に陥る。対症療法はあるが、治癒することはなく、慢性的に進行し、開眼失行(目がまったく開かなくなる)に至る。 医院もよるが軽度の眼瞼下垂でも頭痛、鬱などの症状がでることもあり保険適用で手術するところもある。
引用:ウィキペディア

このように、瞼のたるみは一般的に加齢になることで、瞼にたるみが出てくることが多いことから、ご年配の方に多いそうです。

せっかく美しく、つけまつげやマツエクを利用されるなら、瞼の垂れることや、老けた目になる危険性は避けたいものです。

眼に負担をかけないようにすることも大切ですし、筋肉が低下しないように目を動かしたり、エクササイズをすることで、予防される方もいます。

知人が表情筋エクササイズを推進しています。

私も一度受講させていただきましたが

とっても理にかなった筋肉運動でした。

美しくなる=美しさを保つ

ここが1番大事な事だと思っています。

あなたにカスタマイズしたマツエクデザイニング アンドメイキャップで

一生綺麗を持続しましょうね😊😊

  • コメント: 0

関連記事

  1. Maulaniのメイクレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP