マツエク同時施術 念願のボディージュエリースタートいたしました

みなさんボディージュエリーという美容技術ご存知でしょうか?

その名の通り ボディ=お顔 首 鎖骨 背中 足首など 体です

部分的にキラキラしたストーンやグリッターなどを刺青のように施した技術です。

ネイルサロンやエステサロン メイキャップスクールなどでプラスアルファのメニューとして導入するお店が少なくありません。
また傷やあざを隠す方法で利用されている方も 前向きに綺麗を手に入れられると評判です。
すでに病院や施設 メイキャップスクールで導入されている方からもお話を伺い、なるほど。。と思いました。

タトゥーとは異なり1~2週間ほどデザインを楽しむことができます。また、落とす際は簡単にご自身で落とすことが出来ます。

デザインは豊富で、女性に人気な薔薇、蝶、ツタ、ヤモリなどなど書ききれません。

主な技法としてはラインストーンを使用したもの、砂絵のようなグリッターパウダーを使用するもの、エアブラシというスプレーのような機械を使い、吹き付けるものがあります。

もともとアメリカ発祥の美容技術で、ハリウッドセレブがダイヤモンドのパウダーなどでドレスなどの露出度の高いファッションのデコルテを描き始めたのが始まりです。

日本では2010年ごろから紹介され始め、専門店というよりは、美容室やネイルサロン、エクステ エステサロンなどのオプションメニューとして導入されていることが多い技術です。

ビューティーワールドジャパンなどの大規模美容トレードショーでも毎年出展されておりその認知度が高まっています。

ボディジュエリーは専門店というより、まつ毛エクステ専門店などでオプションメニューとして「導入しやすい」「お客様に勧めやすい」のが特徴です。理由としては以下が考えられます。

まつ毛エクステサロンにくる顧客層の美意識に一致していること。

まつ毛エクステをするお客様は細かい箇所の美意識が高い傾向があります。

キラキラしたボディジュエリーは興味を持ってくれる可能性が高いのでアイリストもお勧めしやすいです。

ネックレスが苦手な方は首元にオススメです。

また、シーズンイベントとして

春、七分袖が始まった頃に、ブレスレット代わりにペイント。

夏の水着や浴衣を着る時期胸元や鎖骨ペイントで色っぽく演出。

足クビにアンクレット代わりに。

ハロウィンでの仮装パーティの時、気持ちが上がるー。

成人式の振袖に合わせて手首や首元、うなじに。

などなど一年を通じておすすめしやすい時期が多くあります。

また

キッズ・マタニティ需要も多く。

お子様のダンスの発表会や

七五三などはもちろん、実はひそかに注目されているのがマタニティフォトでの需要です。

おなかの大きい妊婦さんとしての姿を記念に残したいということで、マタニティフォトを撮影される方が急増していますが、「ベリー(お腹)アート」というデザインを施す方が増えています。

存在感のあるボディジュエリーは撮影にぴったりです。

サロン導入したきっかけの一つに 仕事内容が似ているという事です

細かい作業やエアブラシを拭いて乾燥させることは、まつ毛エクステでも行っているので、自分の既に持っている技術を生かすことができます。

まつ毛エクステ施術後ベッド寝たまま同時施術内容が増えてワクワクです。

詳しいことは

メッセージでどうぞ😊

  • コメント: 0

関連記事

  1. 安全・安心を約束するSマーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP