卒園式 卒業式 感極まって感動の涙 パンダ目ならないアイメイクのご紹介です。

こんにちはマウラニスタイル森です
そろそろ卒園 卒業 の季節ですね。
節目の行事は 涙がつきものですが、涙目の後に よれてしまうマスカラや アイメイク道具をお持ちでしたらぜひ参考にしていただきたいと思います。

ばっちりメイクをしてきたハズなのに、ふと外出先で鏡を見ると、目の周りが黒くてパンダみたいな目になってる・・・!」

皆さんは、そんな経験をしたことありませんか?

今回は、そんな“パンダ目ショック”を防ぐために、パンダ目になってしまう原因と防ぐためのアイメイク方法をご紹介します。

併せて、パンダ目になってしまったときの対処法もご紹介するので、ぜひ、パンダ目になりやすい方は参考にしてみてくださいね。

パンダ目とは、メイクが崩れたことによって、まぶたや目の下にマスカラやアイライナー、アイシャドウとのアイメイクが付着してしまい、目周りが黒く、パンダのようになってしまった目元の状態を指します。

パンダ目になってしまう主な原因は、目周りの過剰な「水分」と「油分」です。

ここでいう「水分」とは、涙や汗のことを指します。そして「油分」とは、皮脂や化粧品に含まれる油分のことです。

つまり目周りは、「水分」と「油分」が過剰に出やすいため、どちらの対策も行う必要があるのです。

また、無意識のうちに目を擦ってしまう行為なども、パンダ目となってしまう原因となります。

パンダ目を防ぐためにもメイク前のスキンケアでは、しっかりと化粧品を肌に馴染ませましょう。

特に、油分量の多い美容オイルやクリームなどは、ちゃんとハンドプレスをして肌に馴染ませないと、パンダ目を誘発することはもちろん、全体的な化粧崩れの原因となります。

元から肌がテカリやすい方や、化粧崩れしやすい方は、油分が多めの化粧品の使用を控えるか、使用する際は量を控えめにするなど調整しましょう。

また、スキンケアの後は、余計な油分をティッシュなどで軽くオフしてからメイクをすると、密着度が良くなるのでおすすめです。

パンダ目を防ぐための2つ目のポイント

目の周りの下地とファンデーションを薄く塗ることです。

目の周りが化粧崩れしやすいからといって、ベースメイクを何も塗らずにアイメイクをしてしまうと、化粧品と肌の密着度が悪く、すぐに化粧崩れしてしまいます。

逆に厚く塗りすぎてしまうと、今度は過剰な化粧品の油分によって化粧が崩れてしまうので、下地やファンデーションはあくまでも薄めに塗り、スキンケア同様、しっかりと肌に馴染ませるようにしましょう。

パンダ目を防ぐ3つ目のポイント

ベースメイクの最後に、目の下をフェイスパウダーでさらさらに仕上げることです。
目の下をさらさらにしておくと、この後につけるマスカラやアイラインも付きにくくなります。

パンダ目を防ぐ4つ目のポイント
アイメイクの前にビューラーでまつげを上げておくことです。
まつ毛が上手にあげられない方は、マツエクがオススメです
まつ毛の毛穴が下向きの方は、ビューラーしても短時間で下がってしまいます

ではパンダ目になってしまったときの対処法
ここでは、パンダ目になってしまったときの対処法をご紹介します。
◆用意するもの◆

パンダ目
①綿棒
②ティッシュ
②乳液(サンプル品などをとっておくと持ち運びに便利です
③フェイスパウダー(パウダーファンデーション)
◆パンダ目の対処法◆

パンダ目
①乳液をつけた綿棒を目の下でくるくるとなじませる
この時、力を入れてしまうとまぶたの皮膚を傷めて色素沈着を引き起こしてしまうこともあるので優しい力で行いましょう。
②ティッシュを2分の1に裂いて、まぶたの表面を軽くおさえる
③フェイスパウダーをまぶたの下にのせて、さらさらの状態にする
この時目の際あたりまで、しっかりとさらさらにしておきましょう。
5.ウォータープルーフコスメでパンダ目は防げるのか
パンダ目
パンダ目を防ぐ方法として良く取り上げられるウォータープルーフコスメ。

もちろんこのウォータープルーフコスメは、水に強いため、パンダ目の予防には効果的です

しかしながら、パンダ目は目元の「油分」によっても引き起こります。
特に、ウォータープルーフコスメは、油分に耐性があるわけではないので皮脂などによってパンダ目になってしまうことがあるのです。

ウォータープルーフコスメを使っているから大丈夫♡とあまり油断はしないようにしましょう!
6.どうしてもパンダ目になってしまう方は
ここでは、どんなに化粧崩れ対策をしてもパンダ目になってしまう!という方におすすめのメイクアイテムをご紹介します!
①リキッドアイライナー
パンダ目
パンダ目になりやすい方におすすめなのが、リキッドアイライナーです。
ペンシルタイプのアイライナーは油分に弱いところがあり、時間がたつごとに落ちやすくなります。

パンダ目になりやすい方は、リキッドタイプのアイライナーを使用してみましょう。
②パウダーアイシャドウ
パンダ目
パウダータイプのアイシャドウも、まぶたの表面をさらさらに整えるのでおすすめです。最近はジェルタイプのアイシャドウも流行ですが、化粧崩れしやすいので注意が必要です。

また、極力パンダ目になりたくない方は、アイシャドウの色をベージュや柔らかいピンク、ブラウン系にしておくと仮にアイメイクが落ちても目立ちにくいのでおすすめです。
③まつげエクステ(つけまつげ)
パンダ目
パンダ目になりやすいという方は、まつげエクステやつけまつげもおすすめです。
まつげエクステは、マスカラやアイラインを使用しなくても、目元がぱっちりと華やかになります。

まつげが痛みやすいというデメリットはありますが、イベントの際など、どうしてもパンダ目を防ぎたい!というときには活用してみてはいかがでしょうか。

にっくきパンダ目は、メイク前のひと手間やポイントによって極力防ぐことができます。

大事に大事に育てたお子様の卒園 卒業の儀式は

家族全員の優しい思い出や お友達 ママ友 思い出すときりがないほどの時間を費やした最終行事です

感動しても、美しく(^ ^)

見送ってあげましょうね

ママさん達もお疲れ様でした

〈女性の美学参考〉

  • コメント: 0

関連記事

  1. Maulaniのメイクレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP